デュプロストとフィンペシアどっちを服用するべきか?確実なのはデュプロスト

どっちがいいか迷っているなら、デュプロストにしましょう。

デュプロストのほうがいい理由。
・効果が1.58倍
・でも副作用は4倍

では、デュプロストとフィンペシアのさまざまな違いから詳しくお話していきます。

1. 効果の違い


▲デュタステリド0.5mg
┗フィナステリド1mgよりも158%毛髪量が多い結果。

変化量を御覧ください。(SEは標準誤差)

デュプロスト(デュタステリド)は、フィンペシア(フィナステリド)よりも1.58倍も効果が高いことがわかります。

2倍には及ばないけど、結構いいよ!ってのがデュプロスト。

ただし、フィンペシアで効くならフィンペシアで十分

理由は、デュプロストは効果が強い分、副作用がでる危険性が高いから。

デュタステリドはフィンペシアより、1.5倍の効果がありますが、副作用はフィンペシアの4倍です。

副作用の危険性も考慮した上で購入したいですね。

副作用については、あとで書きます。

フィンペシアが全く効いてなかった場合

フィンペシアでは効果が薄い場合、デュプロストという選択肢もありますが、フィンペシアが全く効いていないという方は、「男性型脱毛症」ではない可能性があります。

男性型脱毛症ではないかどうかは、全スカかどうか。

全スカとは?

てっぺんハゲ、M字などの生え際後退以外の側頭部・後頭部などが薄くなる脱毛症のことです。

全スカの治療法はミノタブオンリーです。

男性ホルモンを抑制しても意味なし、脱毛抑制したいけど原因不明なので、抑制不可。

なので、ミノタブで発毛促進するしかないってことです。

>>全スカについては、後日もっと詳しく書きます。

2. 血中濃度が半減する時間の違い

・フィンペシア=3~4時間
・デュプロスト=3~5週間

デュプロストはめっちゃもつ。ほぼ1ヶ月。

半端ないくらい、血中濃度が落ちません。

じゃあ、1ヶ月間飲まなくてもいいのか?と思うかもしれませんが、そこは不明。

多分、毎日飲んでいてこの数値?なんだと思いますよ。

関東のクリニックの医師は、デュプロストは2日に一回くらいでもいいんじゃないか?とも言ってましたが、実際試した人はいないようなので、試してみてくださいw。

色々試した結果、僕は(たぶん)男性型脱毛症では無いっぽいので、試すことができません。

ひょっとしたら2日に一回、1週間に1書いとかでもいいのかもしれませんね。

そしたら、フィンペシアよりかなり安く済むからデュタステリドのほうがお得。

3. 副作用の違い

<副作用の発生率>
・フィンペシア…約4%
・デュプロスト…約17%

デュタステリドの副作用はフィンペシアの4倍以上。

副作用の例

フィンペシア
・リビドー減退 3例(1.1%)
・勃起機能不全 2例(0.7%)

※リピドー減退=精力減退

デュタステリド
・勃起不全(4.3%)
・リビドー減退(3.9%)、精液量減少(1.3%)等でした。
日本人に限ると、副作用の報告は、11.7%で、リビドー減退(5.8%)、勃起不全(5.0%)、射精障害1.7%)

どうしても副作用が気になるようなら、0.1mgに変更しましょう。

ただもちろんですが、量が減れば効果も減少します。

また、肝機能に負担をもたらすので、長期間の服用や、肝機能が低下している方の服用はやめておくべきでしょう。